フェブラリーステークス 消去データ

人気ブログランキング参加中

▼1日1回クリックお願いします!!▼

【0円】LINEで厳選買い目を配信

毎週日曜のレース前に買い目を配信しています✉
LINEのお友達はこちらからどうぞ!!

友だち追加

フェブラリーステークス2021 消去データ

それではフェブラリーSの消去データをご紹介します。

4月からはクラシックが始まり、いよいよ競馬もシーズンに入ってきます。
今年も、最強ダート王決定戦に相応しいメンバーが揃いました。
東京競馬場、ダート1600mで行われます。

解説動画はこちら

今回ご紹介する消去データをYouTubeでも解説しています。
こちらも併せてご覧ください!

今回の消去データ

今回は4つの消去データをご紹介します。
アノ人気上位馬も該当しています。

非重賞戦組

1つ目のデータは「非重賞戦組」です

フェブラリーステークス過去10年、
前走が非重賞戦だった馬は【1.0.0.10】と厳しいデータです。

ただ、
2014年に優勝したコパノリッキーは最低人気からの一発で、
この年は94万馬券が飛び出してるので侮れません。

しかし、
このコパノリッキーは重賞馬でしたし、骨折で長期休養明けからの3戦目でしたので、
これは相当なレアケースになります。

実際、このG1制覇は実力だった事は以後の実績が証明してまして、
結局G1を5勝する事ができました。

このコパノリッキーはダービー挑戦も検討されてたんですが、骨折で回避を余儀なくされて、
結果的にはいい方に好転した稀なケースになります。
それだけに、このレースの前走を非重賞戦で使われてた馬非常に狙いにくくなります

ココでは、

  • サザンヴィグラス
  • ソリストサンダー
  • タイサイ
  • タガノビューティー
  • ハイランドピーク
  • ロードグラディオ

この6頭を消去します。

G3組

2つ目のデータは「G3組」です。

フェブラリーステークス過去10年、前走がG3だった馬は【4.2.3.59】と好走馬も多く出てます。
去年はモズアスコットとサンライズノヴァが1着3着して3連単46万馬券が出てますし、
2012年にテスタマッタとシルクフォーチュンが連対して馬連万馬券、3連単14万馬券の波乱に貢献してます。
このうち、
前走が6着以下だった馬は【0.0.0.26】で、
2013年のテスタマッタは前年の1着馬でしたが4番人気7着など、
G1馬が4頭含まれて全滅してます。

また、
前走が根岸ステークスで4着以下だった馬【0.0.0.32】と全滅してます。
先程紹介した2013年のテスタマッタ以外では、2012年のダノンカモンが5番人気4着、
2015年のグレープブランデーが4着、2019年のモーニンが4着など、
このデータも多くのG1馬が含まれてるので要注意です。

ココでは、

  • アルクトス(3人気)
  • サクセスエナジー
  • スマートダンディー
  • ヘリオス
  • ヤマニンアンプリメ
  • ワイドファラオ

この6頭を消去します。

G2組

3つ目のデータは「G2組」です。

フェブラリーステークス過去10年、前走がG2だった馬は【3.1.1.15】となってます。
芝路線だった2頭がふた桁着順してる以外は
全馬東海ステークスからのローテーションになりますが、
2019年のインティは東海ステークスからの連勝でG1初挑戦初制覇!
2015年のコパノリッキーも東海ステークスからの連勝で、この馬は連覇達成になりました。

一方で、
去年のインティは2番人気14着、2018年のテイエムジンソクは2番人気12着など、
多くの人気馬が馬券外に飛んでるので侮れないデータですが、
前走がG2以下で4着以下だった馬は【0.0.0.6】と全滅してます。
この6頭は全馬重賞馬で、2016年にはG1馬ローマンレジェンドが9着するなど、
6頭中4頭がふた桁着順、2頭が最下位と全然通用してません。

ココでは、

  • インティ
  • デュードヴァン

この2頭を消去します。

G1組

最後、4つ目のデータは「G1組」です。

前走が地方交流重賞や海外を含むG1だった馬【2.7.6.38】と案外勝ち切れてないのは気になる所ですが、
去年のケイティブレイブは最低人気から2着して馬連3万、3連単46万馬券に貢献してますし、
2013年には9番人気のエスポワールシチーが2着して馬連万馬券、
この年は7番人気のワンダーアキュートが3着して3連単11万馬券など、穴も出てるので侮れません。

ただ、
前走が5番人気以下だった馬は【0.1.2.12】と未勝利で、
更にこのうち、前走が5着以下だった馬は【0.0.1.10】と連対例がありません。

例外は2015年のベストウォーリアですが、
この馬は交流の南部杯勝ちがあるG1馬で、中央ではマイル以下で使われてきた馬でした。
南部杯以降は1800m以上のG1を2戦使われて凡走しましたが、
これは適当な番組がない事が原因で、決して能力が反映された結果ではありませんでした。

実際、このフェブラリーステークスでも3番人気に支持されましたし、
次のかしわ記念は2着、プロキオンステークス1着から南部杯では連覇を達成してて、
この馬の中距離起用は例外中の例外に当たります。

そんな訳で、ココでは前走G1戦5番人気以下5着以下の馬から、

  • エアアルマス
  • エアスピネル
  • サンライズノヴァ(4人気)
  • ミューチャリー
  • ワークアンドラブ

この5頭を消去します。

推奨馬は・・・

  • カフェファラオ(1人気)
  • レッドルゼル(2人気)
  • オーヴェルニュ(5人気)
  • ワンダーリーデル(7人気)

こちらの4頭です。

タイトルとURLをコピーしました