【阪急杯2021】最終評価と推奨馬適性チャートで評価

人気ブログランキング参加中

▼1日1回クリックお願いします!!▼

【0円】LINEで厳選買い目を配信

毎週日曜のレース前に買い目を配信しています✉
LINEのお友達はこちらからどうぞ!!

友だち追加

阪急杯2021 最終評価

こちらでは前回の記事での分析結果を適性チャートで説明していきます。

推奨馬分析はコチラ
消去データはコチラ

解説動画はこちら

YouTubeでも解説しています。こちらも併せてご覧ください!

推奨馬総合評価

まずは前回の分析のまとめです。

インディチャンプ(1人気) レシステンシア
(2人気)
ダノンファンタジー(3人気) ジャンダルム
(9人気)
距離 5 4 5 5
年齢 4 3 5 4
クラス 5 3 5 5
馬体重 4 3 5 3
脚質 4 1 5 5
ローテ 4 3 3 5
合計 26 17 28 27
評価 B C S A

以上、6つのデータで評価しましたが
合計1位はダノンファンタジーで、この馬がS評価です。
2位はこの4頭では一番人気がなさそうなジャンダルムでこの馬がA評価です。
3位は更に1ポイント差でインディチャンプがB評価、
4位はチョット離れましたが、G1馬のレシステンシアで、この馬をC評価にします。

それではそれぞれの馬の評価を適性チャート別にみていきましょう。

S評価 ダノンファンタジー

S評価はダノンファンタジーです。

全6項目中満点クリアは5つで、2走前の1800m戦が大きな減点になりました。
っと言っても、これは過去に例がないので中間を取っただけなので、実質満点に近い評価になります。
前走は阪神カップで1年3カ月ぶりの復活勝利になりましたが、
このレースはコーナーで外を回した2頭が2着3着、直線も完全に外伸び馬場でしたが、
ダノンファンタジーは唯一、コーナー直線ともに内を突いて、しかも0.3秒差で快勝しました。
この時は川田騎手がホープフルステークスでダノンザキッドに乗る関係で、
代打の藤岡佑介騎手がテン乗りでしたし、今回は更に前進が見込める1頭だと思います。
この馬はとにかく阪神コースが好相性で【5.0.0.2】です。
新馬戦は東京で2着しましたが、阪神で使われた未勝利戦を一発で勝ち上がってからは、
阪神ジュベナイルフィリーズでG1初制覇、チューリップ賞までが4連勝で、
秋初戦のローズステークスも1着ですから、トライアルでは取りこぼしてません。
1400m戦は2回使われてどちらも重賞勝ちですから好相性です。
ダノンファンタジーは一度、ジョッキーが藤岡佑介騎手で決まってたのが覆ったそうですが、
普通に考えればココから高松宮記念のローテーションが有力です。
こうなると川田騎手がダノンスマッシュと被るので、藤岡騎手の継続騎乗もある意味納得なんですが、
川田騎手に戻るっとなると、高松宮記念ではなくて、別の選択肢が出てきた可能性があります。
この馬は牝馬なので、例えば牝馬限定戦で徹底的に賞金を稼ぐとか、得意の阪神メインで使うとか、
色んな選択肢はありますが、仮に高松宮記念をパスするならココは目標の一つでしょうし、
高松宮記念の2週後には阪神牝馬ステークス、1400mなら5月の京王杯スプリングカップも候補です。
どちらにしてもココを使った後は少し間隔があきますし、今回はこの馬を中心に馬券を組みます。

A評価 ジャンダルム

A評価はジャンダルムです

全6項目中満点クリアは4つで、前走のプラス10キロが大きな減点になりました。
前走は阪神カップ7着でしたが、このレースは2着から7着同着の7頭が0.2秒差と混戦でしたので、
着順ほどは負けてません。
コーナー・直線ともに外を通って、しかもこのレースは前残り気味でしたがから向いた側でしたが、
直線では自身より外からの馬に差されてるので、内容としては良かったと思います。
2走前が初めての1400mを1着して、この時はブリンカーをつけて2戦目の効果もありましたが、
この馬はG1を2着した事もある重賞馬ですし、あんまり舐められた人気になるなら穴候補です。

B評価 インディチャンプ

B評価はインディチャンプです
全6項目中満点クリアは2つしかありませんが、大きな減点もなく、まとまったチャートになってます。
前走は阪神カップ3着で、この時は唯一後方から突っ込んできて上がり最速でした。
年齢と共に行き脚は悪くなってきましたが、阪神カップは距離短縮で位置を下げてるので、
ちょっと忙しいのかも知れません。
4歳の時にマイルG1を2勝して、去年は3着⇒2着ですから、当然安田記念は目標でしょうが、
今回の成績次第では高松宮記念への参戦も視野に入ってるそうです。
この馬くらいのレベルになると、使える番組が限られてくるので、
近年の流れなら、初めてのスプリント戦も楽しみになりますが、
その前にココで大敗するようならローテが白紙になる可能性もあるので、変な競馬にはならないと思います。

C評価 レシステンシア

C評価はレシステンシアです
全6項目で満点クリアはなく、逃げ馬の項目が大きな減点になりました。
前走は初めての古馬挑戦を4番人気8着と跳ね返されましたが、
半年ぶりの実戦でプラス24キロなので、ココを度外視できれば侮れない1頭です。
ただ、
逃げ馬が不相性なレースである事は確かで、他に行く馬が居れば控える可能性もありますが、
この馬はG1馬ですから、自分の競馬を崩してまで、この阪急杯を狙いに行くことはないと思います。
1400mはデビューから2連勝で、特に2戦目のファンタジーステークスは好タイムだったので楽しみですが、
骨折による休養で、元の状態に戻ってるかどうか?は重要です。
人気を考えると、上位馬の中では一番危ないと思いますが、状態さえ戻ってれば適性は上位ですし、
相手の1頭として馬券に加えます。

買い目は・・・

最終的な買い目はLINEで配信しています。
レース当日午前に配信していますので、ぜひお友達の登録をお願いいたします!

 

タイトルとURLをコピーしました