【弥生賞2021】最終評価と推奨馬適性チャートで評価

人気ブログランキング参加中

▼1日1回クリックお願いします!!▼

【0円】LINEで厳選買い目を配信

毎週日曜のレース前に買い目を配信しています✉
LINEのお友達はこちらからどうぞ!!

友だち追加

弥生賞2021 最終評価

こちらでは前回の記事での分析結果を適性チャートで説明していきます。

消去データはコチラ

解説動画はこちら

YouTubeでも解説しています。こちらも併せてご覧ください!

推奨馬総合評価

まずは前回の分析のまとめです。

ダノンザキッド
(1人気)
タイトルホルダー(3人気) タイムトゥヘヴン(4人気) テンバガー
(5人気)
クラス 5 5 2 2
着順 5 3 3 3
人気 5 2 3 2
所属 5 4 4 5
ローテ 5 5 3 2
脚質 5 2 2 3
合計 30 21 17 17
評価 S A B B

以上、6つのデータで評価しましたが
合計1位はオール満点のダノンザキッドで、この馬がS評価です。
2位は9ポイントっと大きく離れましたが、ダノンザキッドと2回対戦し、
大きく負けてないタイトルホルダーでこの馬がA評価です。
3位は2頭で更に4ポイント差とひらきましたが、京成杯2着のタイムトゥヘヴンと、
3着のテンバガーで、この2頭をB評価にします。

それではそれぞれの馬の評価を適性チャート別にみていきましょう。

S評価 ダノンザキッド

S評価はダノンザキッドです。

S評価はダノンザキッドです。
全6項目全て満点クリアです。
前走はG1のホープフルステークスを1着で、この馬はデビュー3連勝からのローテーションになります。
このレースはコーナーで外を回した馬が1着3着して、前で残した2頭が連対ですから、
展開としては恵まれた側になりました。
ただ、
4コーナー手前で、外に逸走して競走を中止したランドオブリバティに前をカットされてるので、
それにも関わらず0.2秒快勝したと取れなくもなくて、総合するとイーブンでいいかと思います。
2走前の東京スポーツ杯2歳ステークスも含めてタイムが平凡なので比べるのはチョット酷な感じもしますが、
新馬勝ちから東京スポーツ杯2歳ステークス勝ち、⇒ホープフルステークス勝ちは、
去年のコントレイルと同じローテーションです。
コントレイルは皐月賞に直行したんですが、今年のダノンザキッドは賞金面では当然クリアしてるので、
この弥生賞起用は間違いなく、皐月賞の次、すなわちダービーを意識したレースになります。
まだ負けてない訳ですから、この世代では当然上位ですし、これだけの実績ですから、
出て来るからには変な競馬にはならないと思います。
今回は当然人気ですが、この馬を中心に馬券を組み立てていきます。

A評価 タイトルホルダー

A評価はタイトルホルダーです
全6項目中満点クリアは2つで、前走の6番人気が大きな減点になりました。
その前走はホープフルステークスを4着で、この馬も前で競馬したんですが、
逸走したランドオブリバティに前をカットされて、この馬はダノンザキッドの1頭分内でしたから、
被害はコチラの方が大きくなりました。
2走前が東京スポーツ杯2歳ステークスで、この時はダノンザキッドの2着でしたが、
コーナーで内を回したのは唯一、直線も上位3頭では一番内でしたから高評価です。
2走とも勝ちうまには完敗なので、逆転までは望めませんが、この世代では抜けてる可能性があるので、
ココでは相手筆頭にしたいと思います。

B評価 テンバガー

B評価は2頭で、まずはテンバガーです
全6項目中満点クリアは1つで、前走の6番人気、2走前の未勝利戦など、
大きな減点が3つ入ってしまいました。
前走は京成杯を3着からのローテーションになります。
中団からの競馬で、コーナーは唯一外を回しての好走でしたが、
直線は外伸びだったので、これは恵まれた側になりました。
この後にお話するタイムトゥヘヴンとの比較だと、テンバガーは満点が1つあって、
大きな減点が1つ多い状況ですから、いわゆる“ハマれば一発”のようなタイプです。
この馬の兄弟は長距離路線が多いので、距離に関しては問題ありませんが、
当日は天気が心配で、馬場が荒れてくるようだと血統面からは楽しみな1頭です。

B評価 タイムトゥヘヴン

B評価2頭目はタイムトゥヘヴンです
全6項目中満点クリアはなく、その分、大きな減点もテンバガーより少ない、まとまったチャートになってます。
前走は京成杯2着からのローテーションになります。
積極手にに逃げましたが、単騎だったので楽をし過ぎた可能性があります。
3コーナー過ぎで競り掛けられましたが相手が下がっていってるので、
結局最後まで恵まれたようなレースになりました。
今年の京成杯はコーナーで内を回した2頭が連対して、
直線は外伸びを2頭が2着3着なので、上位入線組ではこの馬が一番向きましたし、
弥生賞には不相性な“逃げ”っと言うカードを切った事も不安の要因です。
人気程は信頼できないイメージなので、相手の3番手にとどめておきます。

買い目は・・・

最終的な買い目はLINEで配信しています。
レース当日午前に配信していますので、ぜひお友達の登録をお願いいたします!

 

タイトルとURLをコピーしました