【高松宮記念2021】 消去データ

人気ブログランキング参加中

▼1日1回クリックお願いします!!▼

【0円】LINEで厳選買い目を配信

毎週日曜のレース前に買い目を配信しています✉
LINEのお友達はこちらからどうぞ!!

友だち追加

高松宮記念2021 消去データ

今週は高松宮記念の予想になります。

今週からG1が4週続きますが、最初の2つが古馬戦で、
今年は前哨戦がほぼ全て波乱の決着でしたので、本番は人気が割れてくるかも知れません。
例えばシルクロードステークスだと2番人気~4番人気の決着でしたが、3連複は40倍もついてますし、
的中すれば、そこそこの配当になってくる楽しみがあります。

解説動画はこちら

今回ご紹介する消去データをYouTubeでも解説しています。
こちらも併せてご覧ください!

今回の消去データ

今回は4つの消去データをご紹介します

別戦組

1つ目のデータは「別戦組」です
高松宮記念過去10年、前走のレース別成績では、有力前哨戦組が9勝、2着7頭と圧倒的で、
別戦組は苦戦を強いられてます。
それでも、馬券に絡んだ5頭は全馬、2015年以降ですから、これは陣営の使い分けも含めて、
傾向が変わってきてる可能性があるので要注意です。
ただ、前走が別戦組のうち、前走が国内で6着以下だった馬は【0.0.0.13】と好走例がありません。
2014年のエーシントップは重賞3勝の実績でしたが4着まで、
2013年のフィフスペトルもG1で2着が2回もある重賞2勝馬でしたが8着まででした。

また、前走が芝戦で4番人気以下だった馬も【0.0.0.14】と好走例がありません。
2018年の阪神カップ2着からの直行でしたが4番人気4着、
2019年のデアレガーロは京都牝馬ステークス1着の重賞馬でしたが7着まででした。

ここでは、

  • ウォーターエデン
  • サウンドキアラ
  • マルターズディオサ
  • メイショウグロッケ
  • レッドアンシェル

この5頭を消去します。

オーシャンステークス組

2つ目のデータは「オーシャンステークス組」です
高松宮記念へのステップレースは基本的に3レースありますが、
このオーシャンステークスは中2週と、一番間隔が短くて、それが理由の一つですが、
相性としては一番悪いのがこのローテーションです。
ただ、2019年3着のショウナンアンセムは17番人気で、この年は400万馬券が出てますし、
2018年にも10番人気のナックビーナスが3着してるので、穴馬には要注意です。
過去10年、このオーシャンステークスで10着以下だった馬は【0.0.0.17】、
6番人気以下で6着以下だった馬は【0.0.0.20】と好走例がありません。
2014年には前年3着で、この年は2番人気だったハクサンムーンが5着、
2019年にはG1馬スノードラゴンが17着など、実績馬も含まれてるので要注意のデータです

ここでは、

  • アイラブテーラー
  • アウィルアウェイ
  • アストラエンブレム
  • エイティーンガール
  • ダイメイフジ

この5頭を消去します

阪急杯組

3つ目のデータは「阪急杯組」です
高松宮記念の主要ステップレースで唯一の1400m戦になります。
去年のクリノガウディーは15番人気から1位入線で4着に降着、
2019年のミスターメロディはココがG1初制覇と、過去10年で3勝、2着3頭と健闘してますが、
一方で、2018年には1番人気のレッドファルクスが8着、
2015年のダイワマッジョーレは2番人気6着など、
この2頭はどちらも、全然位置が取れなくて見せ場もありませんでしたから、
差し・追い込みの馬にとっては、あまり良いデータではありません。
過去10年、前走が阪急杯で4コーナーが7番手以下だった馬は【0.2.0.22】と優勝例がなく、
このうち4着以下だった馬は【0.0.0.14】と全滅してます。
2013年には前年2着のサンカルロが3番人気4着など、この馬1400mがベストの馬でしたが、
位置取りに苦労した馬の距離短縮には気を付けておきたいデータの一つです。

そして、阪急杯組でもう一つ注意しておきたいのが、人気薄の“激走後”です。
過去10年、前走阪急杯で5番人気以下だった馬は【0.0.0.20】と全滅してますが、
このうち、阪急杯で馬券に絡んだ馬が6頭も含まれてます。
阪急杯は2月の最終週に行われるので、ココが中3週になるんですが、
オーシャンステークスよりは1週長いですが、
それでも、前走を目標にしてた馬にとっては厳しいローテーションです。
ただ、今後の番組を考えれば、高松宮記念をパスするローテーションも選択しにくいので、
この辺りの、陣営の勝負気配についても、予想の重要なファクターになってきます。

ココでは、

  • インディチャンプ(3人気)
  • カツジ
  • クリノガウディー
  • ダノンファンタジー
  • ミッキーブリランテ

この5頭を消去します

シルクロードステークス組

最後、4つ目のデータは「シルクロードステークス組」です
例年は1月の最終、または2月の1週目に京都1200mで行われるステップレースで、
ココからは中7週と、他の前哨戦より間隔があくことから、
過去10年で4勝は最多勝、連対6頭も最多タイで、目下5年連続で連対馬を出してる有力ステップ戦です。
今年は中京1200mで行われたので今回とは同距離同コースっと言うことで、
より一層、直結性が増してくる可能性がありますが、
去年は9番人気のモズスーパーフレアが2着で20万馬券、
2019年には12番人気のセイウンコウセイが2着で400万馬券も出てるので穴馬も要注意です。
しかし、
6歳以上の高齢馬は【0.2.1.8】と未勝利で、このうち、
前走の4コーナーが5番手以下だった馬は【0.0.1.5】、
前走が6番人気以下だった馬は【0.0.1.6】、
前走が5着以下だった馬は【0.1.0.5】と厳しいデータです。
上位人気馬は含まれてませんが、
去年のセイウンコウセイは前年の2着馬でしたが7着まで、
2019年のティーハーフは、このレース4着の実績がありましたが5着までと、
年齢を重ねてから着順をあげてくるのは、かなりのレアケースになります。

ココでは、

  • シヴァージ
  • セイウンコウセイ
  • トゥラヴェスーラ
  • モズスーパーフレア

この4頭を消去します

推奨馬は・・・

今回、過去10年の傾向から厳選する最高推奨馬、消去データをクリアできたのは、

  • レシステンシア(1人気)
  • ダノンスマッシュ(2人気)
  • ラウダシオン(4人気)
  • ライトオンキュー(5人気)

この4頭です。
カッコ内の人気は収録時の段階での想定人気になります。

タイトルとURLをコピーしました