【高松宮記念2021】推奨馬分析

人気ブログランキング参加中

▼1日1回クリックお願いします!!▼

【0円】LINEで厳選買い目を配信

毎週日曜のレース前に買い目を配信しています✉
LINEのお友達はこちらからどうぞ!!

友だち追加

高松宮記念2021 推奨馬分析

高松宮記念の推奨馬4頭を分析します。

満点でクリアできた馬を分析

まずは、1本目の動画で紹介した消去データを全てクリアできた馬の発表です。
満点でクリアできたのは

  • レシステンシア(1人気)
  • ダノンスマッシュ(2人気)
  • ラウダシオン(4人気)
  • ライトオンキュー(5人気)

この4頭です。
カッコ内の人気は収録時の段階での想定人気になります。
今回のスプリングステークスは、残った4頭を中心に馬券を組み立てていきたいと思います。

それではこちらの4頭を分析していきます。

前哨戦

1つ目は「前哨戦」です
高松宮記念過去10年、前走のレース別成績では、
シルクロードステークス、阪急杯、オーシャンステークスの3つのステップレースから
9勝、2着7頭、3着9頭と抜けてます。
今回の推奨馬4頭は全馬この前哨戦組なので、後は横の比較になりますが、
最も好相性なのがシルクロードステークス組です。
4勝は最多勝で、連対6頭も最多タイ、現在5年連続で連対馬を出してます。
このうち、前走が1着、負けても0.2秒以内だった馬は【3.1.3.7】で複勝率は50%、
去年のモズスーパーフレアは9番人気1着、
2011年のアーバニティは11番人気3着など穴馬も絡んでることから、
単回収値は322、複回収値は222と優秀な成績です。
ココは文句なしの満点です。
少し落ちるのが阪急杯組ですが、それでも6連対は最多タイと侮れません。
ただ、シルクロードステークス組と比べると全体の出走数が多いので、率では少し割引きが必要です。
阪急杯は前哨戦の中では唯一の1400m戦で、スペシャリストが含まれてるのも率が下がる要因ですが、
当日5番人気以下の馬が32頭全滅してるのも数字を下げる大きな要因です。
今年のレシステンシアは恐らく1番人気でしょうから、大きな割引は必要なさそうです。
逆に、厳しいデータなのが非前哨戦組になります。
過去10年で【1.3.1.32】で勝率は3%、ココも基本的に人気馬しか来てないので、
単回収値は17,複回収値は27と低調です。
2015年のストレイトガールは前年の3着馬でしたが、ココが香港スプリントからの直行で1番人気13着、
2017年のレッドファルクスも香港スプリントからの直行でしたが1番人気で3着までですから過信は禁物です。
ココでは、
前走がシルクロードステークスだったラウダシオンとライトオンキューを「5」、
阪急杯1着だったレシステンシアを「4」、
香港スプリントがG1初制覇だったダノンスマッシュを「2」で評価しました。

馬名 評価
レシステンシア(1人気) ★★★★☆
ダノンスマッシュ(2人気) ★★☆☆☆
ラウダシオン(4人気) ★★★★★
ライトオンキュー(5人気) ★★★★★

前走の着順

2つ目は「前走の着順」です
高松宮記念過去10年、前走の着順別成績では、連対馬から6勝、2着7頭、3着5頭ですから、
全体の6割はココから出てます。
このうち、前走が非重賞戦だった馬やダートだった馬は7頭全滅で数字を下げてるので、
芝の重賞に限れば【6.7.5.33】で複勝率35%、
2018年には10番人気のナックビーナスが3着するなど穴馬も来てるので、複回収値は112と優秀です。
ココは文句なしで満点として、
前走3着以下だった馬は少し減点になります。
巻き返しの前提は、やっぱり前走が前哨戦を使ってきてる事で、過去10年は【4.2.4.85】
去年は9番人気のモズスーパーフレアが1着、2019年にはココから3頭入って400万馬券が出てることから、
複回収値は125と優秀です。
大きな減点は必要なさそうです。
ココでは、
前走が前哨戦を連対したレシステンシアとライトオンキューを「5」、
香港スプリントがG1初制覇だったダノンスマッシュも「5」、
シルクロードステークスが3着だったラウダシオンを「3」で評価しました。

馬名 評価
レシステンシア(1人気) ★★★★★
ダノンスマッシュ(2人気) ★★★★★
ラウダシオン(4人気) ★★★☆☆
ライトオンキュー(5人気) ★★★★★

年齢

3つ目は「年齢」です
高松宮記念過去10年、年齢別の成績では、5歳以下からが8勝、2着4頭ですから、
全体の6割はココから出てます。
5歳以下の場合、マイル路線に見切りをつけられたり、
試しにスプリント戦を使ってみるような馬が4頭全滅で数字を下げてるので、
前走が1400m以下だった馬は【8.4.7.60】で複勝率24%と優秀です。
このレースは1200m戦っと言う事で瞬発力が必要なので、高齢馬には厳しいデータですが、
馬券に絡んでるのは、高松宮記念を目標に前哨戦を使われた馬が大半ですから
大きく減点する必要はありません。
ココでは、
4歳馬のレシステンシアとラウダシオンを「5」、
6歳馬のダノンスマッシュとライトオンキューを「3」で評価しました。

馬名 評価
レシステンシア(1人気) ★★★★★
ダノンスマッシュ(2人気) ★★★☆☆
ラウダシオン(4人気) ★★★★★
ライトオンキュー(5人気) ★★★☆☆

斤量

4つ目は「斤量」です
高松宮記念過去10年、ココが斤量減になる馬は【4.2.1.16】で勝率・連対率ほか、全ての数字で抜けてます。
波乱も大体がココから出てるんですが、
去年のモズスーパーフレアは9番人気で繰り上がり1着、
2019年のセイウンコウセイは12番人気2着で400万馬券など、単回収値182,複回収値167と優秀です。
今回斤量減は文句なし満点です。
今回増減がなかった馬は【4.5.6.41】で、悪くないんですが、斤量減の馬が圧倒してるので少し落ちます。
このうち、前走でステップレースを使ってきた馬は【3.3.5.22】で複勝率33%です。
オーシャンステークス組が【0.0.1.11】と相性が悪いんですが、
ココを省いたシルクロードステークス組と阪急杯組は【3.3.4.11】で複勝率48%、
2011年には11番人気のアーバニティが3着して12万馬券に貢献しましたが、
複回収値は151と優秀な成績です。
大きく減点する必要はなさそうです。
逆に厳しいのが斤量増の馬です。
過去10年で2勝、連対5頭は数でも一番少ないですし、全体の出走数が一番多いので、率はかなり低調です。
高松宮記念の前哨戦は、シルクロードステークスがハンデ戦で、
阪急杯とオーシャンステークスは別定戦になります。
ですから、高松宮記念で斤量が増えるっと言うことは、前走のハンデが舐められてたか、そもそも格下か、
そうでなければ前走が3歳で、ココが明け4歳の緒戦など、やっぱりG1を使うには厳しいデータです。
先程、斤量増減なしのオーシャンステークス組が【0.0.1.11】っと言うデータをお話しましたが、
逆に斤量増で馬券に絡んだ8頭中、実に5頭はオーシャンステークス組になります。
オーシャンステークスは中山で行われるので当然関東馬の出走が多くなりますが、
G2以上を勝たなければ別定戦の斤量は増えませんし、
関東のスプリントG2は1400mの京王杯スプリングカップのみですから、
1200mを専門にしてる関東馬にとって、別定戦で1キロ加算されるのは相当なレアケースになります。
っと言うことで、オーシャンステークスからの斤量増は、この高松宮記念とは好相性なんですが、
ココを省いたシルクロードステークス組と阪急杯組は【2.0.0.34】。
去年はクリノガウディーが1位入線で4着に降着、
2019年のダノンスマッシュは1番人気4着で、この年は400万馬券の大波乱、
2015年のダイワマッジョーレも2番人気6着など、このデータには多くの人気馬が含まれてるので要注意です。
ココでは、
前走からの斤量減になるライトオンキューを「5」、
斤量据え置きのダノンスマッシュとラウダシオンを「4」、
今回が1キロ増になるレシステンシアを「3」で評価しました。

馬名 評価
レシステンシア(1人気) ★★★☆☆
ダノンスマッシュ(2人気) ★★★★☆
ラウダシオン(4人気) ★★★★☆
ライトオンキュー(5人気) ★★★★★

騎手

5つ目は「騎手」です。
高松宮記念過去10年、
前走からの連続騎乗馬は7勝、2着も3着も7頭ずつですから、全体の7割がココから出てます。
全体の出走数も乗り替わりより多いんですが、それでも、
勝率・連対率・複勝率の3項目全てで上回ってます。
このうち、前走が主要3レースの前哨戦で3着以内だった馬は【3.6.5.26】で複勝率は35%、
2015年のハクサンムーンは6番人気2着、
2014年のスノードラゴンは8番人気2着など穴馬も来てて、複回収値は108と優秀です。
ココは文句なしの満点です。
逆に厳しいのが乗り替わりの馬ですが、
去年は15番人気のクリノガウディーが1位入線から4着に降着、
2019年には12番人気のセイウンコウセイが2着して、17番人気のショウナンアンセムが3着で、
この年は400万馬券に貢献してます。
複回収値は159と優秀なので侮れませんが、
このデータには、もう見限られてしまった7歳以上の馬が27頭含まれて全滅してるので、
6歳以下の馬には大きな減点は必要なさそうです。
ココでは、
前走からデムーロ騎手が連続騎乗になるラウダシオンを「5」、
もう2年以上一貫してコンビを組んだ古川騎手から横山典弘騎手にスイッチするライトオンキューを「3」、
前走は香港だったのでムーア騎手でしたが、国内では川田騎手に戻るダノンスマッシュも「3」、
北村友一騎手が初めての海外遠征で武豊騎手を確保してましたが、残念な骨折で浜中騎手が代打の
レシステンシアも「3」で評価しました。

馬名 評価
レシステンシア(1人気) ★★★☆☆
ダノンスマッシュ(2人気) ★★★☆☆
ラウダシオン(4人気) ★★★★★
ライトオンキュー(5人気) ★★★☆☆

馬体重

最後、6つ目は「馬体重」です
高松宮記念過去10年、前走の馬体重別成績では、480キロ以上500キロ未満のゾーンが、
5勝、2着5頭ですから半分はココから出てます。
今年の推奨馬4頭は該当しないので、ココより重い馬か軽い馬の比較になりますが、
前走が500キロ以上だった馬は5勝、2着4頭ですから遜色がありません。
全体の出走数も多いので率は少し下がりますが、
前走が主要3レースのステップ戦だった馬は【4.3.4.47】で複勝率19%、
2019年のセイウンコウセイは12番人気2着、
2018年のナックビーナスは10番人気3着など、穴馬も好走して、複回収値は100と優秀です。
逆に厳しいのが軽量馬で、前走480キロ未満未満だった馬は【0.1.4.45】と未勝利です。
今年も出走しますがダノンスマッシュは去年が3番人気10着、2019年が1番人気4着で、
2018年の1番人気レッドファルクスは8着、2017もレッドファルクスでしたが1番人気3着など、
かなり多くの上位人気馬が含まれてるので要注意なデータです。
ココでは、
前走が500キロ以上だったレシステンシア、ラウダシオン、ライトオンキューの3頭を「5」、
前走が469キロで、去年が10着、2年前が4着と人気を裏切ってきたダノンスマッシュを「2」で評価しました。

馬名 評価
レシステンシア(1人気) ★★★★★
ダノンスマッシュ(2人気) ★★☆☆☆
ラウダシオン(4人気) ★★★★★
ライトオンキュー(5人気) ★★★★★

総合評価

以上、6つのデータで評価しましたが
合計1位は、シルクロードステークス3着から世代交代を狙う4歳馬のラウダシオンで、この馬がS評価です。
2位は僅差の1ポイント差で、シルクロードステークスでは0.5キロ重い斤量で先着した
ライトオンキューで、この馬がA評価です。
3位も更に1ポイント差と僅差ですが、阪急杯を逃げ切って、
今回初めての1200m線になるレシステンシアで、この馬がB評価、
4位は少し離れましたが、前走は遂にG1を制して、
これで重賞7勝となったダノンスマッシュで、この馬がC評価です。

レシステンシア
(1人気)
ダノンスマッシュ(2人気) ラウダシオン
(4人気)
ライトオンキュー(5人気)
前哨戦 4 2 5 5
着順 5 5 3 5
年齢 5 3 5 3
斤量 3 4 4 5
騎手 3 3 5 3
馬体重 5 2 5 5
合計 25 19 27 26
評価 B C S A

 

タイトルとURLをコピーしました