【大阪杯2021】 消去データ

人気ブログランキング参加中

▼1日1回クリックお願いします!!▼

【0円】LINEで厳選買い目を配信

毎週日曜のレース前に買い目を配信しています✉
LINEのお友達はこちらからどうぞ!!

友だち追加

大阪杯2021 消去データ

みなさん、こんにちは
今週は、大阪杯の予想になります。

JRAの芝G1は先週の高松宮記念で開幕しましたが、この大阪杯までが古馬戦で、
来週からはいよいよクラシックが始まります。
このレースがG1に昇格したのは2017年ですが、それまでは古馬の中距離G1は番組がなかったので、
毎年好メンバーが集まる、楽しみなレースになったと思います。

解説動画はこちら

今回ご紹介する消去データをYouTubeでも解説しています。
こちらも併せてご覧ください!

今回の消去データ

今回は3つの消去データをご紹介します

後方脚質馬

1つ目のデータは「後方脚質馬」です
大阪杯過去10年、前走の4コーナーの位置取り別成績では、
10番手以下だった馬が【0.1.2.23】と未勝利です。
馬券に絡んだ3頭は全馬重賞馬で実績もありましたが、
このうち、前走が0.5秒以上負けた馬は【0.0.0.17】で全滅してます。
2015年のスピルバーグはG1馬でしたが2番人気4着、
2012年のローズキングダムもG1馬でしたが4番人気4着など、
このデータには上位人気馬も含まれてるので要注意です。

また、前走の4コーナーが10番手以下で、7歳以上だった馬は【0.0.0.10】になってます。
去年のマカヒキはダービー馬でしたが11着、
2011年には前年の3着馬でG1 3勝のドリームジャーニーが9着など、
このデータには実績馬も含まれてるので警戒が必要です。

ココでは、

  • カデナ
  • キセキ(5人気)
  • モズベッロ

この3頭を消去します。

前走の人気

2つ目のデータは「前走の人気」です
大阪杯過去10年、前走が6番人気以下だった馬は【1.1.0.38】と厳しいデータです。
もう、数え切れないくらいのG1馬が飛んでるんですが、このうち、
前走が7着以下だった馬は【0.0.0.21】と好走例がありません。
2011年のトーホウアランは重賞3勝の実績でしたが12着、
2012年にはG1馬ローズキングダムが4番人気4着など、
重賞馬が10頭含まれて全滅してます。

また、前走が10番人気で今回が斤量増になる馬は【0.0.0.20】と好走例がありません。
このデータも、2015年のスピルバーグや2018年のサトノノブレス、2019年のダンビュライトなど、
多くの実績馬が馬券外に飛んでるので要注意です。

ココでは、

  • アーデントリー
  • ギベオン
  • クレッシェンドラヴ
  • ハッピーグリン

この4頭を消去します。

前走の着順

最後、3つ目のデータは「前走の着順」です。
大阪杯過去10年、前走が10着以下だった馬は【0.0.0.22】と巻き返しの例がありません。
秋の古馬戦と比べ、春は前哨戦が少ないので、使いつつ良くなるようなタイプは不相性です。
しかも、近年は外厩調教全盛ですから、この傾向はしばらく続きそうです。

前走が6着以下だった馬は【1.1.1.42】で3頭の巻き返し例がありますが、
このうち、前走がG2以下で4番人気以下だった馬は【0.0.0.26】と全滅です。
2017年のメートルダールは2走前の中日新聞杯が重賞初制覇でしたが10着、
2011年のメイショウカンパクも2走前は福島記念2着からココは10着までと、
26頭中16頭がふた桁着順、22頭が1秒以上の大敗となってます。

ココでは、

  • アドマイヤビルゴ
  • ブラヴァス
  • ペルシアンナイト

この3頭を消去します。

推奨馬は・・・

今回、過去10年の傾向から厳選する最高推奨馬、消去データをクリアできたのは、

  • コントレイル(1人気)
  • グランアレグリア(2人気)
  • サリオス(3人気)
  • レイパパレ(4人気)
  • ワグネリアン(8人気)

この5頭です。
カッコ内の人気は収録時の段階での想定人気になります。

タイトルとURLをコピーしました