【大阪杯2021】最終評価と推奨馬適性チャートで評価

人気ブログランキング参加中

▼1日1回クリックお願いします!!▼

【0円】LINEで厳選買い目を配信

毎週日曜のレース前に買い目を配信しています✉
LINEのお友達はこちらからどうぞ!!

友だち追加

大阪杯2021 最終評価

こちらでは前回の記事での分析結果を適性チャートで説明していきます。

解説動画はこちら

YouTubeでも解説しています。こちらも併せてご覧ください!

推奨馬総合評価

まずは前回の分析のまとめです。

コントレイル
(1人気)
グランアレグリア(2人気) サリオス
(3人気)
レイパパレ
(4人気)
ワグネリアン(8人気)
クラス 5 5 4 2 4
位置 3 4 2 5 4
年齢 5 5 5 5 2
所属 5 2 2 5 5
騎手 5 5 4 5 4
馬体重 2 5 5 1 3
合計 25 26 22 23 22
評価 A S C B C

以上、6つのデータで評価しましたが
合計1位は、G1を3連勝中で、今回は初めての2000m戦になるグランアレグリアで、この馬がS評価です。
2位は僅差の1ポイント差で無敗の3冠馬、前走初めての敗戦から巻き返しを狙う
コントレイルで、この馬がA評価です。
3位は少し離れましたが、無敗で5連勝中のレイパパレで、この馬がB評価、
4位は、そこから1ポイント差の2頭で、
デビュー以来オール掲示板の安定株サリオスと、
復活を狙うダービー馬のワグネリアンで、この2頭がC評価です。
次に、適性チャートを観ていきます。

S評価 グランアレグリア

S評価はグランアレグリアです。
全6項目中満点クリアは4つで、関東所属が大きな減点になりました。
それ以外はまとまったチャートになってて、結局所属に関しては関東馬のレベルが問題ではなく、
輸送が懸念されてるので、この馬の場合、阪神は【3.0.1.0】と、むしろ歓迎のタイプです。
今回問題になるとすれば、その輸送より距離になりますが、
この馬はマイルでデビューして4戦目がG1初制覇で、これまで2000mどころか、1800mも未経験です。
この距離のスペシャリストで強力な馬が居れば話も変わってきましたが、
他の上位人気馬も距離が足りなかったり長かったりと、適性面では比較しにくい面もあるので、
G1を3連勝中の勢いもあり、今回はグランアレグリアを中心に馬券を組むことにしました。

A評価 コントレイル

A評価はコントレイルです
全6項目中満点クリアは4つで、前走の456キロが大きな減点になりました。
秋3戦目でしたし、本来はパスしても良かったローテーションでしたが、
この馬が出走した事で、史上初の3冠馬3頭の対決が実現し、
希代の名馬、アーモンドアイの引退レースを盛り上げました。
勝ったアーモンドアイは先行して唯一残してるので別格級の強さでしたが、
2着3着は3歳の3冠馬2頭で、ともに中団から差してきました。
勝ちうまには完敗でしたが、この3頭の力が完全に抜けてたので、
この時点では評価を落とせません。
グランアレグリアは初距離の不安がありますが、コントレイルは2000mでも1800mでも勝ってますし、
人気は当然コチラが上になると思います。
トライアルを使わずに皐月賞を勝ったように、この馬はいきなりから動けるタイプなので、
ココでは当然、相手筆頭で評価します。

B評価 レイパパレ

B評価はレイパパレです
全6項目中満点クリアは4つで、前走424キロと小柄な馬体が大きな減点になりました。
この世代は無敗の5連勝馬が3頭も出る異例の世代になりましたが、
レイパパレは3歳デビューなので、まだ一線級との対戦がありません。
この5連勝は全て着差をつけて勝ってきてるので底をみせてませんが、
今回は一気に2キロ増える斤量も気になる所です。
想定では4番人気で、今回は初めて1番人気を譲る事になりますが、単勝オッズは人気の3頭とは離れてるので、
1着で狙えれば妙味は充分です。
前走が初めての2000m戦でしたが、今回の大阪杯とは同距離同コースですし、
ココは相手の2番手で評価します。

C評価 サリオス

C評価は2頭で、1頭目はサリオスです
全6項目中満点クリアは2つで、前走の位置取りが大きな減点になりました。
大外発走だったので無理をしなかったんですが、結局中団より前の馬が残って、
上がり最速が間に合いませんでした。
直線も内目を通った馬が上位を独占して、その3頭は全馬4枠より内でしたから、
この結果に関しては度外視できなくもありません。
ただ。
この馬の場合は、これまでの使われ方をみると恐らくマイルがベストです。
皐月賞2着はトライアルを使わずに直行してるので、今回も侮れませんが、
上位人気2頭とは差を感じるので、今回の人気3頭では一番危ないんじゃ~ないかと思います。

C評価 ワグネリアン

C評価2頭目はワグネリアンです。
全6項目中満点クリアは1つですが、大きな減点は6歳の年齢くらいで、
同点のサリオスと比べると、コチラの方がまとまったチャートになってます。
前走は京都記念5着からのローテーションです。
マクリ気味に上がって行きましたが、完全に前残りになって間に合いませんでした。
この時が“のど鳴り”の手術明けで8カ月ぶりの実績でしたが、
脚質も変わりがなかったので、叩き2戦目の今回は前進必至です。
この春のローテーションを考えると、目標はココか宝塚記念ですが、
宝塚記念は去年13着だったのに対し、大阪杯は去年が5着、2019年が3着と健闘してます。
そう考えるとココでは外せない1頭ですし、今回は想定が8番人気っと舐められた印象なので、
この馬は穴候補として馬券に加えてみます。

買い目は・・・

最終的な買い目はLINEで配信しています。
レース当日午前に配信していますので、ぜひお友達の登録をお願いいたします!

 

タイトルとURLをコピーしました