【皐月賞2021】過去10年の傾向から厳選!!消去データ

人気ブログランキング参加中

▼1日1回クリックお願いします!!▼

【0円】LINEで厳選買い目を配信

毎週日曜のレース前に買い目を配信しています✉
LINEのお友達はこちらからどうぞ!!

友だち追加

皐月賞2021 消去データ

みなさん、こんにちは
今週は、皐月賞の予想になります。

先週の桜花賞からいよいよクラシックが開幕しましたが、牡馬戦は今年も皐月賞から始まります。
トライアルで権利を取った馬は順調に登録してきましたし、
早めに賞金を加算できた馬は大半がノーザンファーム系なので、
外厩でしっかり乗り込まれてきました。
今年は適度に路線も分かれたので、
重賞馬が8頭という豪華メンバーで楽しみな対戦になりました。

解説動画はこちら

今回ご紹介する消去データをYouTubeでも解説しています。
こちらも併せてご覧ください!

今回の消去データ

今回は5つの消去データをご紹介します

下級戦組

1つ目のデータは「下級戦組」です
皐月賞過去10年、前走非重賞戦に出走していた馬は【0.2.1.43】と未勝利なんですが、
2019年2着のヴェロックスは4番人気、
2014年3着のウインフルブルームは8番人気など、
穴っぽい所も来てるので侮れません。

ただ、馬券に絡んだ3頭は全馬、前走が若葉ステークスからのローテーションで
この若葉ステークスは皐月賞トライアルなので
他の非重賞戦組とは別で考える必要があります。
若葉ステークス以外の非重賞戦だった馬は【0.0.0.22】と好走例がなく、
2018年のキタノコマンドールは3番人気5着など、前走1着馬が15頭も含まれて全滅してます。

ココでは、

  • ディープモンスター
  • ルーバステソーロ

この2頭を消去します。

若葉ステークス組

2つ目のデータは、その「若葉ステークス組」です。
皐月賞過去10年、前走が若葉ステークスだった馬は【0.2.1.21】と3頭が馬券に絡んでます。
このレースは2019年からリステッド競走になりましたが、伝統の皐月賞トライアルで、
2着以内には優先出走権が与えられます。
しかし、
この若葉ステークスで2番人気以下だった馬は【0.0.0.18】、
0.3秒以上負けた馬は【0.0.0.11】と好走例がありません。
2018年のタイムフライヤーはG1馬でしたが皐月賞は10着、
2017年のアダムバローズはオープン連勝中でしたが17着と全然通用してません。

ココでは、

  • アドマイヤハダル
  • シュヴァリエローズ

この2頭を消去します。

スプリングステークス組

3つ目のデータは、「スプリングステークス組」です。
3着以内には優先出走権が与えられる皐月賞トライアルで、過去10年の直行馬から3勝は2位、
連対4頭も2位タイと好相性なレースです。
去年は8番人気のガロアクリークが3着、
2017年のエポカドーロは7番人気1着で、この年は37万馬券も飛び出すなど、穴馬にも注意が必要ですが、
このスプリングステークスで3着以下だった馬は【0.0.0.21】、
6番人気以下で負けた馬は【0.0.0.9】と好走例がありません。
2015年のダノンプラチナはG1馬でしたが5番人気11着、
2011年のリベルタスもG1は3着の実績でしたが、皐月賞は最下位の18着でした。

ココでは、

  • アサマノイタズラ
  • イルーシヴパンサー
  • ボーデン
  • ワールドリバイバル

この4頭を消去します。

弥生賞組

4つ目のデータは、「弥生賞組」です。
3着以内には優先出走権が与えられる皐月賞と同距離同コースのトライアルですが、
過去10年では【0.5.2.34】と未勝利で、近年はスプリングステークス組に押されがちです。
それでも2着馬5頭は前走別では最多ですし、
2018年のサンリヴァルは9番人気2着で、この年は37万馬券も飛び出してますので穴馬にも要注意です。
余談ですが、弥生賞から皐月賞のローテーションで、
次がダービーだった馬は過去10年【3.1.1.23】と好相性ですので、
特に皐月賞で差して届かなかったような馬がダービーに出てくるようだと警戒が必要になります。
この弥生賞組なんですが、皐月賞で馬券に絡んだ7頭中、6頭は関西馬で、
関東馬は【0.0.1.16】と連対例がありません。
このうち、前走が3番人気以下だった馬は【0.0.0.11】と全滅で、
2012年のコスモオオゾラは弥生賞勝ちでしたが4着、
2013年のカミノタサハラも弥生賞1着でしたが4着までと厳しいデータです。

ココでは、

  • タイトルホルダー

この馬を消去します。

非トライアル組

最後、5つ目のデータは、「非トライアル組」です。
最近は早めに賞金を加算できた馬はトライアルを使わずに直行がトレンドで、
去年のコントレイルやサリオスは3歳の緒戦でしたし、
先週の桜花賞はソダシもサトノレイナスも3歳の緒戦でした。
この皐月賞過去10年でも共同通信杯組が4勝で最多ですし、流れは確実に変わってきてるんですが、
前走が共同通信杯以外で負けた馬は【0.0.0.17】、
キャリアが2戦以下だった馬は【0.0.0.4】と好走例がありません。
去年のクリスタルブラックは京成杯勝ちで無敗の2勝馬でしたが5番人気16着、
2018年のキタノコマンドールも無敗の2勝馬でしたが3番人気5着、
2015年のダノンリバティは毎日杯2着からでしたが皐月賞は8着など、
強い相手と戦った経験が少ないケースが多いので割引が必要です。

ココでは、

  • オーソクレース
  • グラティアス
  • ヨーホーレイク
  • レッドベルオーブ

この4頭を消去します。

推奨馬は・・・

今回、過去10年の傾向から厳選する推奨馬、消去データをクリアできたのは、

  • エフフォーリア(1人気)
  • ダノンザキッド(2人気)
  • ヴィクティファルス(4人気)
  • ステラヴェローチェ(5人気)
  • ラーゴム(7人気)

この5頭です。
カッコ内の人気は収録時の段階での想定人気になります。

タイトルとURLをコピーしました