【NHKマイルカップ2021】過去10年の傾向から厳選!!消去データを発表

人気ブログランキング参加中

▼1日1回クリックお願いします!!▼

【0円】LINEで厳選買い目を配信

毎週日曜のレース前に買い目を配信しています✉
LINEのお友達はこちらからどうぞ!!

友だち追加

NHKマイルカップ2021 消去データ

みなさん、こんにちは
今週は、NHKマイルカップの予想になります。

今週から5週連続で東京のG1開催っと言うことで、今年もこのNHKマイルカップが先陣を切ります。
去年は9番人気のラウダシオンが1着で馬単万馬券ですし、
2019年は14番人気のケイデンスコールが2着して馬連万馬券っと、
とにかく波乱が続いてる、3歳マイル王決定戦です。
今年はクラシック路線の馬とマイル路線の馬の初対決が多くて、力関係の比較は一つカギになってきそうです。

解説動画はこちら

今回ご紹介する消去データをYouTubeでも解説しています。
こちらも併せてご覧ください!

今回の消去データ

今回は5つの消去データをご紹介します

非重賞戦組

1つ目のデータは「非重賞戦組」です
NHKマイルカップ過去10年、前走が非重賞戦だった馬は【0.2.0.28】と優勝例がありません。
当日人気になった馬はほとんど居ませんが、
前走1着馬が18頭全滅ですから、やっぱりクラスの壁は大きく影響してます。
このうち、
前走が3番人気以下だった馬は【0.0.0.17】、
前走が6着以下だった馬は【0.0.0.6】、
前走が条件戦だった馬は【0.0.0.5】と好走例がありません。
2015年のフミノムーンはマーガレットステークスを2馬身半差の圧勝でしたが7着まで、
2014年のダンツキャンサーもマーガレットステークスが逃げ切り1着でしたが7着までと、
前走で0.3秒以上つけて1着した馬が5頭含まれて全滅してます。

ココでは、

  • アナザーリリック
  • ヴィアルークス
  • エリザベスタワー
  • スペシャルドラマ

この4頭を消去します。

アーリントンカップ組

2つ目のデータは「アーリントンカップ組」です。
アーリントンカップが4月開催になったのは2018年で、3着以内の馬には優先出走権が与えられる、
トライアル競走になりました。
この2018年以降、毎年の3年連続で3着馬を出してまして、
去年のギルデッドミラーは6番人気、2019年のカテドラルは7番人気、
2018年のレッドヴェイロンは9番人気と、全馬波乱に貢献してるので侮れない路線になります。
ただ、
2018年以降のアーリントンカップで、
0.3秒以上負けた馬は【0.0.1.5】、
5番人気以下だった馬は【0.0.1.6】と連対例がありません。

ココでは、

  • グレイイングリーン
  • ピクシーナイト(5人気)
  • リッケンバッカー
  • レイモンドバローズ

この4頭を消去します。

ファルコンステークス組

3つ目のデータは「ファルコンステークス組」です。
ココからは距離延長になる事もあって、過去10年【1.1.0.12】と、かなり相性が悪いんですが、
去年のラウダシオンは9番人気1着で3連単15万馬券、
2013年のインパルスヒーローは6番人気2着で馬連2万馬券、3連単123万馬券に貢献してるので侮れません。
前走がファルコンステークスだった馬のうち、
前走が3番人気以下だった馬は【0.0.0.9】、
3着以下だった馬は【0.0.0.3】、
480キロ未満だった馬は【0.0.0.8】と好走例がありません。
2019年のグルーヴィットはファルコンステークス2着でしたが本番は4番人気10着、
2014年のサトノルパンもファルコンステークス2着でしたが、本番は4場番人気9着など、
このデータには人気馬も含まれてるので要注意です。

ココでは、

  • グレナディアガーズ(1人気)
  • ショックアクション
  • ニシノアジャスト
  • ルークズネスト
  • ロードマックス

この5頭を消去します。

桜花賞組

4つ目のデータは「桜花賞組」です。
NHKマイルカップ過去10年、牝馬は【2.3.1.24】と好走例が多くて、
去年はレシステンシアが2着、3着にはギルデッドミラーが入って15万馬券ですし、
2017年にはアエロリットが1着、2着が13番人気のリエノテソーロで馬連万馬券が飛び出しました。
馬券に絡んだ6頭中3頭が桜花賞からのローテーションでしたが、
ココで6着以下だった馬は【0.0.0.7】と好走例がありません。
2018年のプリモシーンは5番人気5着、
2017年のミスエルテも5番人気5着など、人気馬も含まれてるので要注意なデータです。

ココでは、

  • ソングライン

を消去します。

ニュージーランドトロフィー組

5つ目のデータは「ニュージーランドトロフィー組」です。
このレースは3着以内の馬に優先出走権が与えられるNHKマイルカップのトライアルですが、
過去10年で4勝、3着3頭は、どちらも最多で、絶対無視できないローテーションです。
一方で、2015年のグランシルクや2013年のエーシントップのように1番人気を裏切るケースもあって、
ココの取捨はとても重要になります。
このニュージーランドトロフィーで0.6秒以上負けた馬は【0.0.0.17】と好走例がありません。
2013年のゴットフリートは2走前が共同通信杯2着でしたが本番は11着、
2012年のレオンビスティーは2走前がファルコンステークス2着でしたが本番は12着と、
2走前に連対した馬が10頭も含まれて全滅してます。

ココでは、

  • ヴィジュネル
  • ゴールドチャリス
  • シティレインボー
  • タイムトゥヘヴン
  • ワザモノ

この5頭を消去します。

推奨馬は・・・

今回、過去10年の傾向から厳選する推奨馬、消去データをクリアできたのは、

  • バスラットレオン(2人気)
  • シュネルマイスター(3人気)
  • ホウオウアマゾン(4人気)
  • ランドオブリバティ(10人気)
  • ヴェイルネビュラ(15人気)

この5頭です。
カッコ内の人気は収録時の段階での想定人気になります。

タイトルとURLをコピーしました