【NHKマイルカップ2021】最終評価と推奨馬適性チャートで評価

人気ブログランキング参加中

▼1日1回クリックお願いします!!▼

【0円】LINEで厳選買い目を配信

毎週日曜のレース前に買い目を配信しています✉
LINEのお友達はこちらからどうぞ!!

友だち追加

NHKマイルカップ2021 最終評価

こちらでは推奨馬を適性チャートで説明していきます。

解説動画はこちら

YouTubeでも解説しています。こちらも併せてご覧ください!

推奨馬総合評価

まずは消去データをクリアできた推奨馬を項目別に評価してみました。

バスラットレオン(2人気) シュネルマイスター
(3人気)
ホウオウアマゾン(4人気) ランドオブリバティ(10人気) ヴェイルネビュラ(15人気)
着順 5 5 5 3 4
人気 4 4 5 4 3
馬体重 5 5 5 4 5
距離 5 3 5 4 4
騎手 5 5 3 3 5
キャリア 2 3 5 4 3
合計 26 25 28 22 24
評価 A B S C B

以上、6つのデータで評価しましたが
合計1位は、アーリントンカップの勝ちうまで、
G1朝日杯にも出走経験のあるホウオウアマゾンで、この馬がS評価です。
2位は2ポイント差で、トライアルのニュージーランドトロフィー勝ちのバスラットレオンで、この馬がA評価、
3位は弥生賞2着のシュネルマイスター、4位がスプリングステークス5着のヴェイルネビュラで、
この2頭はB評価にします。
5位は少し離されましたが、G1出走経験があるランドオブリバティで、この馬をC評価にします。
次に、適性チャートを観ていきます。

S評価 ⑬ホウオウアマゾン

S評価はホウオウアマゾンです。
全6項目中満点クリアは5つで、今回の乗り替わりが唯一の減点になりました。
前走はアーリントンカップ1着からのローテ-ションになります。
逃げうまが単騎になって、その後ろを追走したんですが、直線で外に切り替えたタイミングが抜群でした。
その逃げうまを潰して、速い上がりで追い込んできた馬も完封してますから強い内容でした。
ホウオウアマゾンはデビューから一貫してマイルで使われてて、ココは当然、最大目標になります。
重馬場にしては時計も優秀で、ココから中2週の疲労だけが心配ですが、
この馬は速い決着より、上がりや全体のタイムがかかった方が良さそうです。
今週の東京は天気が心配ですから、この馬に、もう1回向くような展開も充分考えられます。
今回はホウオウアマゾンを中心に馬券を組みたいと考えてます。

A評価 ④バスラットレオン

A評価はバスラットレオンです
全6項目中満点クリアは4つで、キャリア7戦が大きな減点になりました。
前走はトライアルのニュージーランドトロフィー1着からのローテーションになります。
前残り気味の展開ではありましたが、逃げ切りの上がり最速で、しかも5馬身圧勝ですから、
この路線からの逆転は、ほぼないとみてます。
誰も競り掛けなかったので、ちょっと楽をし過ぎてる可能性もありますが、
シンザン記念は3着ですし、G1朝日杯も4着で、マイル実績はメンバー上位です。
このどちらかで賞金を加算できなかったのがキャリア7戦になった要因なんですが、
その分、経験してきた事も多いので、一番無難なのはこの馬かも知れません。
相手筆頭です。

B評価 ⑮シュネルマイスター

B評価の1頭目はシュネルマイスターです。
全6項目中満点クリアは3つで、前走の2000mとキャリア3戦が減点になりました。
前走は弥生賞2着からのローテーションになります。
逃げたタイトルホルダーが単騎の逃げで、最終コーナーの中間辺りから併走したんですが、
これが距離ロスになってしまいました。
ただ、断然人気だったダノンザキッドには完勝してますし、
先着を許したタイトルホルダーは皐月賞で2着に好走してますから、
ココに0.2秒っと考えると、今回のNHKマイルカップでも侮れません。
一気に400mの短縮になりますが、2走前は中山のマイルを3馬身圧勝なので心配なさそうですし、
この馬も侮れない1頭だと思います。

B評価 ⑪ヴェイルネビュラ

B評価の2頭目はヴェイルネビュラです
全6項目中満点クリアは2つで、この馬もキャリア4戦と、前走の5番人気が減点になりました。
前走はスプリングステークス5着からのローテーションになります。
コーナーは内をロスなく回して、3着馬の後ろにつけてましたが、
このレースはコーナーで外を回した2頭が連対して向きませんでした。
直線では2着馬の後ろに切り替えてるのでレースセンスは高そうですが、
このレースぶりだと距離が長かったんだと思います。
賞金的には皐月賞への出走も可能なゾーンですが、見限ってコチラを選んだのは納得の選択ですし、
この馬は全然人気がないようですが、大穴候補として是非馬券に加えたい1頭です。

C評価 ⑫ランドオブリバティ

C評価はランドオブリバティです
全6項目中満点クリアはなしで、大きな減点もなく、まとまったチャートになってます。
前走はスプリングステークス7着からのローテーションになります。
前の2頭がヤリ合うような格好の3番手を追走して、展開としてはかなり恵まれた側でしたが、
向正面までの折り合いが悪くて、かなり消耗していたそうです。
直線は2着馬と3着馬の叩き合いを真ん中で失速してますから完敗ですし、
この2頭とは差を感じる競馬でした。
この馬はホープフルステークスを競走中止してから、常に折り合いが懸念されてますが、
きさらぎ賞はスタート直後に不利があって後方からになりましたし、
まだ、重賞でまともに完走した事がありません。
それだけに、今回はワンターンの東京マイルですから期待するファンも多くなりそうですが、
また人気になるようだとチョット狙いにくくなります。
逆に人気を落とした馬が実力を発揮するようなケースでは2019年のケイデンスコールのような例もあるので、
この馬は最後に加えたいと思います。

買い目は・・・

最終的な買い目はLINEで配信しています。
レース当日午前に配信していますので、ぜひお友達の登録をお願いいたします!

 

タイトルとURLをコピーしました