【ヴィクトリアマイル2021】最終評価と推奨馬適性チャートで評価

人気ブログランキング参加中

▼1日1回クリックお願いします!!▼

【0円】LINEで厳選買い目を配信

毎週日曜のレース前に買い目を配信しています✉
LINEのお友達はこちらからどうぞ!!

友だち追加

ヴィクトリアマイル2021 最終評価

こちらでは推奨馬を適性チャートで説明していきます。

解説動画はこちら

YouTubeでも解説しています。こちらも併せてご覧ください!

推奨馬総合評価

まずは消去データをクリアできた推奨馬を項目別に評価してみました。

グランアレグリア(1人気) マジックキャッスル(3人気) デゼル
(4人気)
ディアンドル
(12人気)
ヴェイルネビュラ(15人気)
クラス 5 4 4 3 4
人気 4 4 5 3 3
年齢 4 5 5 3 5
斤量 5 4 4 5 4
騎手 5 3 5 5 5
馬体重 4 3 5 2 3
合計 27 23 28 21 24
評価 A B S C B

以上、6つのデータで評価しましたが
合計1位は、王道ローテで阪神牝馬ステークスを1番人気1着したデゼルで、この馬がS評価です。
2位は1ポイント差でしたが、去年は春秋マイル王に輝いたG1 4勝のグランアレグリアで、この馬がA評価、
3位はかなり離れましたが、重賞3戦連続連対中っと本格化してきた4歳馬のマジックキャッスルがB評価、
福島牝馬ステークスが2年ぶりの勝ち星になったディアンドルで、この馬がC評価です。
次に、適性チャートを観ていきます。

S評価 ⑤デゼル

S評価はデゼルです。
全6項目中満点クリアは4つで、今回の斤量増が減点になりました。
前走は阪神牝馬ステークスが1番人気1着で、人気に応えた重賞初制覇になりました。
スローペースの差し競馬になりましたが、コーナーで外目を回ってきたのはこの馬が唯一で、
上がりは2着馬に0.1秒遅れましたが、位置取りが前だった分、クビ差先着しました。
元々、オークスでも2番人気に支持されるような馬ですし、東京はそのオークス以外2戦2勝と好相性です。
前走はレコードに0.1秒の好タイムでしたし、今回はこの馬から入りたいと思います。

A評価 ⑥グランアレグリア

A評価がグランアレグリアです。
全6項目中満点クリアは3つですが、大きな減点もなく、まとまったチャートになってます。
前走はG1の大阪杯4着からの距離短縮になります。
逃げ切ったレイパパレは別格でしたが、グランアレグリアがマクリ気味に上がっていって、
その外をコントレイル、その後ろがモズベッロっと言った格好で、
結局、先に動いた順に、着順が下になってしまいました。
人気を考えたら仕方ない面もありましたが、初めての2000m戦で長かった事を考えると健闘しました。
今回は400mの短縮ですが、マイルは去年、春秋G1を統一しているチャンピオンです。
東京芝は【3.0.0.1】で、降着したNHKマイルカップ以外は全て勝ってますし、
今回は断然人気も予想されますが、この馬は外せない1頭になります。

B評価 ①マジックキャッスル

B評価はマジックキャッスルです
全6項目中満点クリアは1つで、小柄な馬体と乗り替わりが減点になりました。
前走は阪神牝馬ステークス2着からのローテーションです。
後方待機から、コーナーは内をロスなく回ってきましたが、
直線も内の狭い所を抜け出してきました。
最後はハナ差になりましたが、これは展開一つですし、上がりは脅威の32秒4ですから、
スピード決着への対応も問題なさそうです。
去年はクラシックを皆勤して秋華賞2着ですし、3冠馬が出てるのでタイトルには恵まれませんでしたが、
これで重賞2着が4回っと安定した成績です。
大きく崩れるイメージもありませんし、この馬も外せない1頭になります。

B評価 ⑭ディアンドル

C評価はディアンドルです。
全6項目中満点クリアは2つで、大型馬の項目が大きな減点になりました。
前走は福島牝馬ステークスが約2年ぶりの勝ち鞍になりました。
7着までが0.2秒差っと言う大接戦でしたが、中団からの差しうまが2着3着で、
この2頭はコーナーで外を回してきてますから、この逃げ切りは高評価です。
元々は1200mでデビューして、3歳時には葵ステークスも勝ったスプリンターでしたが、
大敗が続いた事で距離を延ばして、逃げうまとして復活してきました。
速い時計への対応は未知数ですが、今回も逃げるようなら展開の主導権はこの馬ですし、
ココは人気が上がってきませんが、穴候補として抜擢します。

買い目は・・・

最終的な買い目はLINEで配信しています。
レース当日に配信していますので、ぜひお友達の登録をお願いいたします!

 

タイトルとURLをコピーしました